あなたは
どんなイメージを持っていますか?

単に「歯並びを治す治療」だと思っていませんか?

まずはその誤解を解くところから、説明したいと思います。
そもそも歯並びが悪い事によって、どんな不具合とリスクが有るか?

大きいデメリットのトップ5を紹介します。

最初は信じられないかもしれませんが
これを知っているか知っていないかで、
・将来必要になるお金
・歯の維持のために使う時間
・肉体的健康
・死ぬまで歯を維持できるか
の全てに影響するんです。

本当に大事な話なのでここだけは
見逃さないでチェックしておいてください。

歯並びを整えて整列させるだけで、
これらのリスクを激減させることができます。

私達が小児矯正に力を入れなければいけない。
と強い使命感を持って取り組んでいます。

その理由はこちらにも書いておきましたのでぜひご覧になっていただけるとうれしいです。(私の使命と矯正で手に入る3つのメリット

< 重要 >

歯並びが原因で起こる5つのリスク

歯並びが悪いと、歯ブラシの毛先が届きにくく、みがき残しができやすくなります。

その為、むし歯や歯肉炎(歯ぐきの炎症のこと。歯肉炎にかかっていると、歯ぐきが赤くはれて、歯みがきのとき血が出たりする)になりやすいのです。

咬み合わせが悪くて、食べものがよくかめないと、だ液の量が減ってきて口の中の汚れがどんどんたまることになります。

歯の病気だけではなく、口臭の原因になる事もよくありますあります。

口を開けたとき耳のそばでカクカク音がしたり、口が大きく開かなかったり…。
子供や女性に増えている顎関節症の症状です。

悪い姿勢や精神的なストレス、歯ぎしりなど色々な原因がありますが、歯並びの悪さから起こる場合もよくあります。

咬み合わせがよくないと、しっかりとかめないだけじゃなく、だ液の量が減って消化されないまま飲み込む事になります。

消化されないまま食事をしている事は、お子様の成長を著しく阻害する原因にもなります。 

症状によってはサ行やタ行の発音がハッキリしなくなる事があります。

特に英語など外国語の発音に困ることになるリスクが高くなります。英語の授業が標準化されグローバル社会が加速化しています。

そんな中で外国語の発音に困ってしまうと、お子様も外国語を学ぶ事に対して消極的になったり嫌いになってしまうと成績に影響しかねません。

咬み合わせが悪いと、なんとかうまく咬もうとして、
あごが不自然な動きをします。

あごや筋肉にムリな力がかかってしまい、慢性的な頭痛や肩こりにつながることがよくあります。

どれだけ整体や整骨院に通っても対処療法にしかならず時間もお金も無駄になってしまいます。

こんにちは、担当のかつたです

お子さんの歯並びと矯正の問題は
私が持っている全ての技術を使って
きれいサッパリ解消します。

安心してください。

もともと私は、一般的な虫歯の治療を行ってきました。

歯並びの悪いお子さんの治療をやっていく中で専門医に紹介させていただくことがありました。

歯並びの悪いお子さんは歯磨きがしずらく
虫歯にもなりやすいという特徴があります。

将来的に困るだろうということで、専門医に紹介してました。
当時、矯正をその専門医にお願いした後、半年後や一年後に専門医から連絡があってそのお子さんの虫歯が悪化したり抜歯が必要でこちらへ戻ってくるとがありました。
そのときはどうしてこんなに悪化したのか、どうしてこんなに汚れてしまったのかと思いますが、患者さんの態度を見ると、とてもいやいやな感じがありました。
毎月矯正へ行っているのに今度は虫歯で別の歯医者へこっちへ来るのが大変ですからね。
やはり、だんだんと患者さんの足も遠のいて、来なくなってしまいした。
そういったことが本当に残念だったので、私が歯並びと虫歯の両方の管理をしていこうと考え、小児矯正を始めました。

(院長 勝田けいすけ)

目が気になって笑顔になれなくなってしまった人を何人も見てきました。

歯並びが悪い事によって、今後のその人の性格形成を決定しかねない事があります。

それは『笑顔を作りづらくする』という事です。

-『感情』は『行動』によって作られる-

このような言葉があります。この言葉を“笑顔”という考え方に当てはめると、

-嬉しい、楽しいという気持ち(感情)は、笑顔(行動)によって作られる-

とも言えます。

笑う事によって、楽しい感情、嬉しい感情が湧き起こるという事です。

「笑う事」「笑顔」というのは重要なのです。

しかし歯並びが気になる人というのは、どうしても自然に笑顔を作りだす事が出来ません。

歯並びが悪いのを人に見られたくないな…
     ↓
人前で笑顔を作ると、歯並びが悪いのがバレちゃうな…
     ↓
なるべく人前で笑顔にならないようにしょう

このような気持ちの積み重ねによって、表情そのものが暗くなってしまったり、人前での笑顔が不自然になったり、必要以上に手を口元にあてて笑うようになるのです。

 

原ナビが悪いだけが原因で、こんな不幸な人生を歩むことになってしまうのは、本当に心から虚しい人生だと思います。

心が一番発達する、子どもの時期にこそ、心の底から笑顔になれるように親がサポートするべきだと考えています。

歯並びを矯正治療するだけでこんな不幸な状況や未来を経験せずに済むんですよ?

当院の歯並び・歯列矯正の診療方針

第1期・第2期年代別の矯正について

親御さんが、面と向かって歯医者の先生に直接は聞きづらいと感じる「よくある質問」に回答しておきます!

矯正ってどんな歯医者さんのところに行くのがいいの?

「当院は矯正専門で、虫歯の治療や歯周病のメンテナンスはしてません」「矯正をやっていくなら当院だけ来ていれば大丈夫ですよ」というような矯正歯科では、患者さんにとって本当によいことにはならないでしょう。
もしその歯科が虫歯の治療や歯周病の治療をやらないのであれば、それを行っている歯医者と密に連絡を取っている矯正専門医であることが望ましいと思います。

ネットの口コミってあてになりますか!?

やはりこういう時代なので、皆さんはインターネットの口コミを調べてはいると思います。
レストランの口コミ一つでもその方の感性が反映されやすいと思いますし、
場合によってはコマーシャルのような口コミであることも考えられるので、ネット上の口コミは3割〜5割くらいを参考にするのがよいでしょう。

なぜ私に頼まないとあたなは損をするのか?

矯正歯科専門の先生は、虫歯や歯周病の管理の部分で言うと、残念ながらスペシャリストの先生が少ないと思います。
ですので私達がよくないと思うレベルよりももっと後にそのことを一般の歯医者に相談すると思います。
基本的に虫歯や歯周病の治療、歯を抜くなどは当院ではやりませんというスタンスの先生もかなりいらっしゃいます。
よって、その全体的なバランスの管理が難しい歯医者矯正歯科も多いのではないかと思います。

私の歯科矯正ミッション、ビジョン

当院の矯正は決して安くはないと思いますが、矯正の中にもいろんな種類の矯正があり、多様性を持って提案させていただきます。
提供できる矯正のあらゆる引き出しの中から全てを総動員して、私は必ず結果にもっていきますので、矯正専門医でも使っていないようなテクニックをやっていきます。
矯正は価格だけではありません。

どのくらいの期間がかかるのか?

歯並び・歯科矯正の基礎知識

矯正を進める流れとしては、まず最初に歯の写真を撮り、模型を作成します。
それは初回の来院もしくは2回目で行います。
装置を作るのにはおおむね2〜3週間かかります。
完成して装置を付けていただいてからは定期的に調整やメンテナンスが必要になりますが、装置が安定して問題のない場合には3週間に1回のチェックと調整、虫歯のチェック、クリーニングを行います。
その間は当院とライン(LINE)でのやり取りが可能です。

いつからがいいですか?適切な時期は?

永久歯が生え始める6歳ぐらいの時に前歯と6歳臼歯という奥歯が生えてくるのですが、その時期に上下の歯をよく観察してたら反対咬合(出っ歯)かどうかわかってくるでしょう。
あれちょっとおかしいなって思った場合には、このまま様子を見るよりも、まずは相談された方が矯正をやらないにしてもストレスなく過ごせると思います。

痛くないのか?

「ここが痛い」と相談していただければ、カバーを付けたりなど対応致します。
またカバーが取れてしまうこともあるのでその際にも来ていただくことはあります。
矯正をつけている違和感はもちろんありますので、それは慣れていたただくしかないです。
ただどうしてもここが痛いということには対応は随時行っています。
舌触りで言うと裏側の方が気になるでしょう。
見た目上に関しては、唇やほっぺたの部分が気になると思います。

子供の歯並びを矯正するメリット

これはテキストブロックです。このテキストを変更するには編集ボタンをクリックしてください。Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

子供の歯並びを矯正するデメリットはあるのか?

これはテキストブロックです。このテキストを変更するには編集ボタンをクリックしてください。Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

医師かつたに
直接質問はこちら

当院の歯並び・歯列矯正の診療方針

矯正治療の技術一覧はこちら

矯正治療の手法一覧

当クリニックで扱っている主な治療方法の一覧をご紹介します。[ 詳細 ]

矯正治療の手法一覧

当クリニックで扱っている主な治療方法の一覧をご紹介します。

症状から調べる矯正

主要な症状と治療に用いる手法の組み合わせをご紹介します。 [ 詳細 ]

症状から調べる矯正

主要な症状と治療に用いる手法の組み合わせをご紹介します。

費用なども治療方法、症状のページでご確認いただけます

状態・症状別の一覧

症状の画像をクリックすると詳細の解説のページに移動します

出っ歯(上顎出前突)
受け口(下顎前突)
上下顎前突
交叉咬合
八重歯(乱杭歯)
ガミースマイル
顎変形症
過蓋咬合
矮小歯
口呼吸
すきっ歯
過剰歯
睡眠時無呼吸症候群のためのマウスピース

矯正手法の一覧

矯正手法の画像をクリックすると詳細の解説のページに移動します

ブラケット矯正
部分矯正
アンカースクリュー矯正
インプラント矯正
コルチコトミー
促進矯正法
裏側矯正
舌側矯正
マウスピース矯正
インビザライン
アソアライナー
フェイシャルマスク
チンキャップ
ムーシールド
筋機能療法

かつた先生の小児歯科矯正Youtubeチャンネル